fc2ブログ

ヒト・モノ・コトあれこれと……

ライター大澤裕司のブログ。とりとめもないことを延々と書いています

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館が運営するウェブメディア『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
メルシャンが立ち上げた新ブランド『メルシャン・ワインズ』から発売された『メルシャン・ワインズ ブレンズ パーフェクト・ブレンド』開発時に同社の藤沢工場(神奈川県藤沢市)で取り組んだ品質改善と、外国からの輸送時に実施していた品質維持の工夫についてまとめています。
 
タイトルからすると普段紹介する感じの内容を想像するかもしれませんが、実際は製造部門の地味な工夫の話です。
ワイン造りは大きく分けて(ぶどう)栽培、醸造、(輸送)、充填に分けられますが、この中でもあまり日が当たらない充填工程にスポットを当てました。
輸送についても言及しているのは、外国産ワインを日本で充填しているためです。
 
商品名から想像がつくかもしれませんが、『ブレンズ パーフェクト・ブレンド』はブレンドワイン。
ブレンドワインは決して珍しいものではありませんが、スペインとオーストラリアのワインを日本まで海上輸送し、日本でブレンドし充填するという世界的にも珍しい造り方をしています。
外国産ワインを使いながら日本ブランドという、ちょっと独特な立ち位置あります。
 
実施したことは大きく3つ。
効果検証がまだ完全にできているわけではなく、自ら設定した目標にも届いていないところはあるものの、一定の成果は出ており、それが味においてもいい評価を得る要因になっているようです。
 
すでにご愛飲中の方はもちろんのこと、ワインが好きな方、ブレンドワインを飲んでみたい方、異なる2つの国のワインを日本という第三国でブレンドし日本のブランドとして造り上げたことにロマンを感じる方など、ご興味のある方はぜひ、サイトにアクセスしてください。
 

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『高すぎ? 安すぎ!? モノのねだん事典』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 

新デザインの名刺

旧名刺  
 
これ仕事で使っていた名刺です。
肝心な個人情報(住所、メールアドレス、電話番号類)は伏せているので悪しからず。
 
とくに書くことがないので名前をやたらデカく表記しています。
もう長いことこのデザインを使用。
ということは、割と気に入っているということです。
 
引っ越す直前の段階で旧住所・電話番号が印刷された名刺の残りは100枚近く。
数枚程度残っているならつくり変えてしまうのですが、これだけ残ったままつくり変えるのはもったいないので、住所・電話番号類のところに新住所・電話番号類を印刷したシールを貼り使い切ることにしました。
 
ようやく全部はけそうになったので、先日名刺をつくることに。
いままでのデザインで住所、電話番号類だけ修正してもらうようお願いしました。
 
ところが、そのリクエストは通りませんでした。
データの修正は受け付けてくれないというのです。
もともとダメもとでやってみたので、受け付けてくれなかったことにショックはとくにありませんでした。
 
受け付けてくれない理由は、発注したところがラクスルであることと関係があります。
テレビCMなどでラクスルはご存知の方も多いと思いますが、この名刺のデザインはラクスルが用意したものではありません。
この名刺、元々は別のところがデザインし、最初はそこで印刷していたのですが、別のところがデザインした名刺を注文者が撮影した画像を元にそっくりにつくるラクスルのサービス(現在もやっているかどうかは不明。おそらく終了している)を利用してつくってもらったものになります。
 
自分たちのデザインテンプレートを使ったものではないので修正を受け付けてくれないのでしょう。
加えて、データ修正に応じるとコストがかかることも理由だと思われます。
 
あまり乗り気ではありまでんが、安くあげるにはラクスルが用意したデザインテンプレートを利用するしかありません。
仕方なくデザインから丸ごと変えることに。
こんなのにしました。
 
新名刺(表)  
 
ヤケクソ気味につくったので、見事なほど路線転換してやりました。
実は結構原色(光の3原色、印刷の4原色)好きでして、その中でも光の3原色の1つである緑は好きな色の1つ。
なので採用してみました。
緑色の名刺って見たことがないのも理由の1つです。
 
おまけに……
 
新名刺(裏)  
 
裏面までつくる有様です。
裏はまったく必要なかったのですが、この色で裏に何もないとあまりにも寂しいので、つくった次第です。
 
このデザインテンプレートを見つけ、色を変えて遊んでいたところ、いい感じにできてしまいました。
バックを濃い色にしてテキストと罫線を白抜きにすれば、相当目立ちます。
デザインに飽きたら、背景色を変えるだけでも印象が変わってしばらく楽しめそうです。
 
ただ、難点が1つ。
もしまた引っ越した場合、新住所を直接修正することができないこと。
バックが白ではないので、住所の上に新住所を印刷したシールが貼れません。
正確に言うと貼れるのですが、貼ると相当みっともない出来になりますので、つくり直しになります。
これだけ注意が必要です。
 
みなさんが気になるのは値段だと思いますが、100枚の印刷代、送料合わせ得て800円をちょっと切る程度。
とんでもなく安いです。
 
というわけで、あともう少しでこの名刺に切り替わります。
 

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『高すぎ? 安すぎ!? モノのねだん事典』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ