fc2ブログ

ヒト・モノ・コトあれこれと……

ライター大澤裕司のブログ。とりとめもないことを延々と書いています

材料2つでパンを焼く

2月の当ブログで、いただきもののホットケーキミックスで極厚の蒸しパンを作ったことを紹介したことがあります。
 
実は、わが家にはまだ手つかずのホットケーキミックスがあります。
ただ、同じ蒸しパンはさすがに飽きます。
以前から「何かいい使い道がないか……」と、ときどき他の使い方を探していたのですが、たまたまYouTubeでホットケーキミックスを使ったパンの焼き方を紹介した動画を発見。
しかもホットケーキミックス以外に使う材料が水だけという、ちょっと信じられないもの。
「これなら自分にもできる」と思い、本日早速つくってみました。
 
用意するのはホットケーキミックス200グラムに水150mL。
これだけです。
 
ホットケーキミックスと水を混ぜ合わせた状態 
 
これが2つを合わせた状態。
しっかり混ぜる必要はなく、粉っぽさがなくなる程度でOKです。
これで生地は完成になります。
 
生地はパウンドケーキの型に流し込みます。
型は100円均一ショップで売っています。
 
ただ、生地に油分がないので、型にそのまま流すと焼き上がったときにうまく外せません。
そこで、型にはあらかじめアルミホイルをかぶせておき、そこに生地を流し込みます。
生地を流し込んだら、空気抜きのために1回、ちょっと上からストンと落とし、それから平らにならします。
 
これが終わったら、オーブントースターで焼きます。
焼く時間は25〜30分で、温度調整でいるものは200度に設定です。
 
焼き始めてから4〜5分後あたりで、焼き目がついたら、上にアルミホイルでフタをします。
 
焼き始めて4〜5分後 
 
これがアルミホイルでフタをする前の状態。
軽〜く焼き目がついています。
アルミホイルでフタをするときは、ヒーターにアルミホイルが触れないように注意してください。
燃えてしまいます。
 
そうこうしているうちに、焼き上がりました。
 
焼き上がり直後 
 
これが焼き上がった状態。
ムラなく焼き色がつき、いい感じになっています。
一度竹串を刺して中の焼き上がりを確かめます(わが家には竹串がないので爪楊枝で代用)。
中が生っぽいようであれば、もう少し(5分程度)だけ焼きます。
再度竹串を刺して生っぽくなっていなかったら、完成です。
 
オーブントースターから取り出したら、焼き縮みしないよう一度上から軽くストンと落とし、型からアルミホイルを外します。
この状態ではまだアルミホイルから外れにくいので、5分ほど冷ましてから外します。
 
アルミホイルから外したら、こんな感じになりました。
 
離型したところ1 
 
離型したところ2 
 
離型したところ3 
 
離型したころ4 
 
どうでしょう?
パンと言われればパンという感じがします。
切ってみると、こんな感じです。
 
断面 
 
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、しっかり空洞もできています。
生地はまったく発酵させていないのに膨らんでいますので、これは期待できます。
ただ、三徳包丁でカットしたので切りづらかったこと。
パン切り包丁があれば切りやすく、もう少し薄くカットすることもできたでしょう。
 
当然といえば当然ですが、味はホットケーキのまんま。
ほんのり甘いので何もつけず食べられます。
発酵させていないのにややふっくらしましたが、普通のパンに比べて軽さはなく、むしろずっしり重いです。
なので、調子に乗って食べると腹一杯になります。
 
もう少し高さがあれば食パンらしくなり、冷凍保存するつもりでした。
高さが足りないので、1日で全部食べ切ってしまいました。
 
高さがないのは多分、型が大きいせいだと思われます。
動画では型はMサイズと言っていましたが、今回使った型はLサイズ。
サイズが大きい分底面が広いので、高さが稼げなかったのでしょう。
 
でも、たった2つの材料でパンが焼けるのは驚き。
自分で食すにはこれで十分です。
まだホットケーキミックスが余っているので、しばらくしたらつくるとお思います。
 
もしご興味のある方は、こちらの動画を参考にしてください。
最近、割とよく見ているチャンネルになります。
 
 

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『高すぎ? 安すぎ!? モノのねだん事典』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
 

節水シャワーにひと工夫

2月15日付の当ブログで、節水シャワーヘッドに交換したことを話題にしました。
このとき最後で、あることを考えておりそのためにあるパーツの調達が必要と結んでいます。
 
そのあるパーツですが、3月の楽天スーパーSALEで調達しました。
あるパーツとは……
 
ナノバブール プティ パッケージ 
 
ナノバブール プティ』というものです。
これを取り付けることで、いま使っているシャワーで毛穴よりも小さいナノバブルを発生させることができるといいます。
大量のナノサイズの気泡が水流に含まれることで、洗浄力、保湿力、保温力のアップが期待されるというものです。
 
実は節水シャワーヘッドを探しているときに、たまたまこの商品のことを知りました。
最初は同時に購入しようかと思ったのですが、取り付けられないこともあり得たので、シャワーヘッドが問題なく取り付けられるかどうかを確認した後の購入に変更しています。
 
安い節水シャワーヘッドと『ナノバブール プティ』の2つ合わせても1万円未満。
この商品の存在を知ったとき、安い節水シャワーヘッドと組み合わせれば、安価ながら『ミラブル』や『ReFa』といった数万円もする高機能シャワーヘッドに近い性能が得られそうな気がしました。
 
箱を開けるとこんなものが出てきました。
 
ナノバブール プティ 本体 
 
これをシャワーヘッドとシャワーホースの間にとりけるだけでOKです。
幸いなことに、とくに何もすることなくそのまま取り付けることができました。
 
取り付ける前は
 
シャンプー、トリートメント、ボディソープをぶら下げたシャワーホルダー 
 
こんな感じですが、取り付けた後は……
 
ナノバブール プティを取り付けたところ 
 
こうなりました。
ただでさえ長めのシャワーヘッドがさらに長くなり、取り回しが落ちるのは確定です。
 
ナノバブール プティ接続部 
 
意味はありませんが、接続部のどアップです。
 
そんなことより気になるのが、洗浄力、保湿力、保温力でしょう。
 
まず洗浄力については、正直言ってよくわかりません。
普通に使ったぐらいでは実感できず、別途検証しないとわからないです。
 
ただ、保湿力と保温力は確かに上がった気がします。
普通に使って実感できます。
 
保湿力は浴びると肌が以前よりややスベッとするようになり、顔とかは少しプルンとした印象を持ちました。
 
保温力は保湿力より実感できています。
節水シャワーヘッドに交換した当初は、なかなか体が温まらなかったのですが、『ナノバブール プティ』を装着してからは早く温まるようになったせいか、シャワーを浴びる時間が短くなった気がしています。
節水シャワーヘッドに慣れたことや寒さが徐々に和らいできたことも影響しているとは思われますが、装着後に一番変わったのは保温力であることが確かです。
 
仕事で一度『ミラブル』の水流を腕に当てたことがあるのですが、そのとき水流を当てたところの肌が、しばらくスベスベになりました。
そこまでの即効性はありませんが、節水シャワーヘッドと『ナノバブール プティ』の組み合わせは安価の割に近い感じの効果が得られています。
そういう意味から言うと、『ナノバブール プティ』は買って正解でした。
 

 

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『高すぎ? 安すぎ!? モノのねだん事典』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ