FC2ブログ

『MdN Design Interactive』に記事が掲載されています

インプレス(パソコンソフト教則本『できる』シリーズの出版社)グループの出版社、エムディーエヌコーポレーションが運営するウェブメディア『MdN Design Interactive』に私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
記事は連載「モノづくり探訪記」で、今回はこだわりの厳選素材を使いリペアして使い続ける「100年スニーカー」を手作りするBluestoneのモノづくりについて取材。
製品の特徴やこだわり、などについて紹介しています。
 
Bluestoneはこだわり抜いて選んだ藍染の本革とデニム生地を使い、スニーカーをはじめとした製品をつくるブランド。
定番デザインのスニーカー(はっきり言ってしまうと、コンバースの『オールスター』のようなもの)を、これらの素材でつくっています。
定番デザインでつくるのは飽きがくることなく長く履いてもらうためで、天然素材を使うのはリペアしやすくするためです。
職人の手づくりによって誕生するので、リペアもお手のもの。
つくり方を知っているから無理のないリペアを知っているというわけです。
記事では一足12万円するレザースニーカーを試し履きしたことについても触れているのですが、こんな高価な靴の試し履きなんてしたことないので、終始ビビっていました。
 
Bluestoneは基本的に靴のブランドですが、財布やシューホーン (靴べら)なども製作。
ブランドを知ってもらうきっかけとして、靴以外も幅広くつくることにしています。
 
また、リペアしながら長く大切に使って欲しいという願いを込めて製品をつくっているので、パッケージにもその考えが生かされています。
リユースを前提にしており、記事の中で紹介したものはどれも「そんなアイデアがあったか!」と感嘆するものばかりでした。
 
この仕事、今回はじめてかかわったもの。
実は当ブログに問い合わせがあり実現しました。
めちゃくちゃに書き散らかしているだけのこのブログも、ときには役立つことがあるものです。
 
ただ、すでにスタートしている連載の途中から関わること、実は職人の手づくりものはほとんど取材経験がないことから、すんなり溶け込むのが結構難しいかったです。
なので、編集担当の人には手間をかけてしまったところがありますが、次回があればもう少しうまくやりたいと思っています。
 
すでにBluestoneの製品をご愛用の方はもちろんのこと、スニーカー好きの方、藍染した本革を使った製品が気になる方、いいものはリペアしてでも長く大切に使いたい方、人と違うものを持ちたい方など、ご興味のある方はぜひ、サイトにアクセスしてください。
 

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
関連記事

4 Comments

自遊自足  

高いけどずっと使い続けることができるっていうのがいいんですよね。ちょこっと手を出すのには勇気がいりますけどね。
新しい仕事も入って幅が広がっていってますね~ 今年は忙しいですよ~

2020/01/28 (Tue) 18:57 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

買うのに勇気がいる価格ですけど、考え方には
共感できるところはありますよね。
お金の心配がなけば、1足ぐらい
ほしいものです。
今年も新しい仕事がどんどん
入るといいなぁ……。
この仕事も続くかどうは未知数だけに。

2020/01/29 (Wed) 13:10 | EDIT | REPLY |   

hippopon  

せっかく日本は技術があるのに
ぺなぺなしたことばかりやって、こういう企画いいですよね。

家主のキーホルダーあらっちゃって、、
私、買いに行くのはゆっくりにして キーリング磨こうかと思ってたんです。

2020/01/29 (Wed) 16:34 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

長く使えるということは、物を大切にするということです。
そのためには、飽きがこないデザイン、入手しやすい
素材の活用、メンテナンス体制の整備、と
考えなければならないことがいろいろあります。
簡単なようで大変です。
だから、縁あって手に入れた人は
本当に大切に使って欲しいものです。

ちなみに、ここはキーホルダーになる
シューホーンを扱っていますよ。
ちょっとお高いですが、ギフトには
いいかもしれないです。

2020/01/29 (Wed) 17:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment