FC2ブログ

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、今回はツインバード工業の『全自動コーヒーメーカー』を紹介。
誕生の背景、開発過程でぶつかった壁、「レジェンド」と称される人物との出会い、などについて紹介しています。
 
2018年10月に発売された『全自動コーヒーメーカー』はミルで挽いたコーヒー豆をドリッパーにセットしてからドリップする従来の使い方のほか、ローストしたコーヒー豆をセットしてミルからドリップまで全自動で行なえたり、ミルだけ使ってコーヒー豆を挽いてハンドドリップするという使い方もできるコーヒーメーカー。
抽出湯温、ミルでコーヒー豆を挽くときの粒度を設定しスターボタンを押せば、ミルからドリップまで自動で行なってくれます。
 
開発のきっかけは、同社の社長が「世界で一番美味しいコーヒーメーカーをつくる」と宣言したこと。
同社はこれまでにもコーヒーメーカーをいろいろつくってきましたが、本社のある新潟県の燕三条地域は金属加工業が盛んで、ケトルのようなコーヒーを淹れるとき使う道具をつくる会社も多いところ。
コーヒーに造詣が深い地域を代表する家電メーカーとして、「コーヒーメーカーといえばツインバード工業」と言われるものをつくろうと目指したわけです。
 
そのため、味に妥協することなく開発をやりきることを決意。
まず、美味しいコーヒーを淹れるために大切なことを、専門書を読み漁ることにしました。
そこから得られた知識を実現できることを基本仕様とし、さらにドリップ時に発生する香りや抽出されたコーヒーがサーバーに滴り落ちるときの音といった五感に訴える要素をデザインで実現することにしました。
全自動コーヒーメーカーは他社からも発売されていますが、他社のものはブラックボックスのように何がどうなっているのかわかりにくいのに対し、同社が開発することにした全自動コーヒーメーカーは五感に訴えることにしたためオーソドックスなデザインに落ち着きます。
 
ただ、家電メーカーである同社は本体の仕様やデザインを決めることができても、味の判定については素人。
味づくりの面で壁にぶつかり、開発が行き詰まります。
 
そんなとき、コーヒー会で「レジェント」と呼ばれる人に会える機会に恵まれます。
面会し、開発中の全自動コーヒーメーカーのことで困っていることや開発に協力してほしいことを、ダメもとでお願いしてみたところ、「レジェンド」と呼ばれ方は予想に反して協力を快諾。
停滞していた開発が一気に進むことになります。
 
これにより、「レジェンド」と呼ばれる方の技やノウハウを再現することができる全自動コーヒーメーカーへと進化。
試作機が完成するたびに、新潟から「レジェンド」が住む東京まで向かい、試作機で淹れたコーヒーの味や香りの評価をお願いすることを繰り返しました。
 
こうして完成した『全自動コーヒーメーカー』は、まず3杯抽出用を発売。
イベント会場や家電量販店で試飲体験会を実施するほか、コーヒー関連のイベントに出展したりワークショップを開催するなどします。
すると、味の評価が高かったことから、「もっと多く飲みたい」という声を多く聞くようになります。
 
そこで同社は6杯抽出用のモデルを開発するように。
すでに3杯抽出用モデルがあるので、それをベースにしてスケールアップすればいいと思いきや、事はそう簡単に運びません。
ミルの刃やドリッパーを一から見直すことになりました。
思いのほか手がかかりましたが、2019年10月に6杯抽出用を発売することになりました。
 
すでにご愛用中の方はもちろんのこと、コーヒーを飲むのが好きな方、コーヒーメーカーの購入・買い替えを検討されている方、コーヒーは普段からハンドドリップで淹れて飲む方、コーヒーの淹れ方や味にはうるさい方、レジェンドが淹れるハンドドリップのコーヒーを擬似的にでも味わいたい方など、ご興味のある方はぜひ、サイトにアクセスしてください。
 

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『バカ売れ法則大全』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
関連記事

4 Comments

hippopon  

コロナのことで うちの中の楽しみが大事な日々。
こういうのいいですね。☕

2020/02/23 (Sun) 12:40 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

外出控えようとしたら、家の中での
生活を充実させたいですよね。
そんなときは、こういうものが
1台あるといいかも。
コーヒー好きなら、これは
いいような気がします。
ちょっとお高いですか……。

2020/02/23 (Sun) 15:36 | EDIT | REPLY |   

自遊自足  

ツインバードさんって面白いものを作ってるんですね~ 家電量販店でチェックしてみないと・・・・
そう言えばカフェバッハさんのとなりのホテルでしばらく暮らしていましたね~ そう言えば行列ができてましたね~。その時はなぜ?って思ってました。あの時に行っておけば・・・

2020/02/24 (Mon) 06:52 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

見た目は非常にオーソドックスな
コーヒーメーカーですが、機能が高く
味・香りはレジェンドレベル。
質感も高いので、持っておきたい一品です。
コーヒーは1日1杯飲めば十分な自分でも、
これで淹れたコーヒーは飲んでみたいと
思ったほどです。

カフェバッパのご近所で暮らしていた
ことがおありでしたか。
行列はきっと、レジェンドのコーヒーを
味わいに来た人たちだったんでしょう。
自分も一度、飲んでみたいです。

2020/02/24 (Mon) 11:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment