FC2ブログ

お帰りなさい お犬様

このたびはわが家のイチローにお悔やみの言葉を多数いただき、誠にありがとうございます。
すべて拝読いたしましたが、思っていた以上にイチローはみなさんから愛されれていたことを、今さらながら知りました。
泣きそうになるのをこらえながら読んでいたので、目の前が何度となく曇り、まともに読めない時間も長くあったほどです。
遅くなりましたが、生前のイチローを可愛がっていただいたことに対し厚く御礼申し上げます。
 
残念ながら、イチローの火葬に立ち会うことができなかったのですが、本日、イチローがわが家に戻ってまいりました。
 
お犬様の遺骨と花々、写真(全景)  
 
お犬様の遺骨と花々(右半分)  
 
お犬様の遺骨と花々(左半分)  
 
こんな感じで、窓際の机に鎮座いただいております。
余計なものもいくつか写り込んでいますが、それは見なかったことにしてください。
 
実はイチロー、ああ見えて花が好きなんですよね。
外に行くとよく、土の匂いや花の香りをクンクン嗅いでいました。
これからは大好きなものと花に囲まれながら、どっしり構えてもらいます。
 
あまりいい写真がないのが、ちょっと心残りです。
ブログで紹介したのは面白おかしいものばかりなので、可愛さとかは微塵もないのですが、きちんとした写真ももう少し撮っておけば……と今さらながら後悔しております。
 
イチローが空の上へと旅立ってしまい3日めになりますが、いないと落ち着きません。
いるのが当たり前でしたので、この環境変化にはついていけないです。
いないことに、違和感しかないのが正直なところ。
わが家はそれだけイチロー中心で回っていたということです。
 
前回、「イチローのことを忘れないでください」と書いてしまいましたが、これは供養の意味から出たひと言でした。
これは偽らざる本音ではありますが、つい先走って口走ったことなのであまり気にしないでいただきたいと思います。
 
その代わり、万が一みなさんのところにひょこり顔を出すようなことがありましたら、少しだけウマウマをあげてください。
好き嫌いがないので、きっと何でも美味しく食べるはずです。
そのうちお昼寝を始め、豪快なへそ天をかますと思います。
 
このブログでイチローが果たしてくれた役割はとても大きなものがありました。
イチローを通していろんな方と交流が持てましたが、今後、このブログからイチローに関する新しいことは何も発信できません。
かといって、イチローに関することをこれで終わりにすることは気が引けます。
ブログ自体は今後も続けますが、イチローに関わってもらうかどうは、しばらく考えさせてください。
もしこの件でご意見がありましたら、お聞かせいただければと思います。
 
いつまでも落ちこんだりクヨクヨしているわけにはいきません。
そんな姿はイチローも望んでいないでしょう。
イチローとの思い出を大切にしつつ、前を向いていきたいと思います。
 

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『高すぎ? 安すぎ!? モノのねだん事典』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
関連記事

19 Comments

マーチン  

お帰りなさい。 おりんが素敵。遺影もお花も立派です。 お空の声としてたまには出てきてね。

2020/04/01 (Wed) 02:02 | EDIT | REPLY |   

hippopon  

こんばんは
少し落ち着かれましたか?
家主が声を詰まらせちゃうし 私もあの雪の朝のことを思って、
大丈夫??

イチロー君は 本の出版も何となく知ってたのかしらね。
イチローのことかいたら?
普通の人が子犬と出会ってどうやって 家族としてうまく買えるようになったか
エピソードも、
そうしたら17年の日々が残るわ。
他の飼い主にはできないこと、それは出版できること。
文を起こして 本にまとめる才能があるんですもの、
飼い主の心得でもいいし、

ポプラから出せるじゃない。

今の感情が残ってるまに 失った悲しみを書き、さかのぼってもいいし。

さっき子犬のワルツフジコヘミングウェイの聞いてたの。
生まれてなくなるまで 癒し続ける存在の輝きを書いたら?

2020/04/01 (Wed) 02:51 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/04/01 (Wed) 07:13 | EDIT | REPLY |   

ジェイ  

イチロー君、お帰りなさい♡
深く愛し愛されたご家族の元に帰って来たのですね。
もうずっとずっと一緒だね。
yujiさんが出かける時も何処へでも一緒に行けますね。

ジェイに無事会えたかな
落ち着いたら、ジェイと我が家にも遊びに来てね。
おやつお供えして待ってますよ

たまにで良いのでイチロー君に会えたら嬉しいです。
想い出は宝物ですよね。
永遠のファンとしては
どんな形でも良いので、時にはご出座を心から願っています。

2020/04/01 (Wed) 18:40 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/04/01 (Wed) 23:37 | EDIT | REPLY |   

飼い主の大澤裕司  

マーチンさんへ

コメントありがとうございます。

見違える姿で帰ってきました。
イチローはやはり、こういう明るい色が似合います。
よく陽の当たるこの場所で花に囲まれながら
のんびり過ごし、へそ天をかましてもらいたいものです。
イチローにはブログに登場してもらえるよう、
お願いしてみますね。

2020/04/02 (Thu) 00:13 | EDIT | REPLY |   

飼い主の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

私は大丈夫です。
みなさんのコメントを読むと思わず
涙ぐんでしまいますが……。
家主様まで声を詰まらせてしまうなんて、
感謝の念に堪えません。

一緒に暮らした17年半の日々は、
いつまでも自分の中に残り続けます。
これからは、その思い出を大切に
生きていきたいですね。

2020/04/02 (Thu) 00:18 | EDIT | REPLY |   

飼い主の大澤裕司  

鍵コメさん(お名前が「じ」で始まる方)へ

コメントありがとうございます。

イチローのために泣いていただき、何と
感謝の言葉を申し上げていいのやら……。
本当にありがとうございます。
イチローもきっと喜んでいるはずです。

イチローに親近感を覚えていただき、
飼い主としては嬉しい限りです。
犬太郎くんのへそ天の師匠だったとは
飼い主は思いもしませんでした。
イチローのへそ天後継者は
犬太郎くんに託しました。

甘えん坊ですから、ひょっこり訪ねてきたら
オヤツのおねだりがはんぱないと思いますが、
そのときはとりあえず相手をして
いただけると助かります。

カインズのペットシーツをネット通販サイトで
見ましたが、確かに雰囲気が似ています。
顔立ちが若いころにそっくりですね。

飼い主としてはここまでイチローのことを
思っていただき本当にありがたい限りです。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。

2020/04/02 (Thu) 00:30 | EDIT | REPLY |   

飼い主の大澤裕司  

ジェイママさんへ

コメントありがとうございます。

姿形が見違えるほど変わって帰ってきました。
花に囲まれているイチローなんて想像しにくいですが、
ああみえて花が好きなので、本犬はまんざらじゃないと思います。
ジェイちゃんに会えたのかどうか飼い主も気になります。
まだ会えてないなら「早く見つけるように」と言っておきます。

もしイチローがお邪魔することがあったら、
少しだけでいいのでオヤツをあげてください。
その御礼にきっと、あのへそ天をかますと思います。

今後の出演交渉はこれから行ないます。
どうなるかはわかりませんが、粘るだけ粘ってみますね。

2020/04/02 (Thu) 00:36 | EDIT | REPLY |   

飼い主の大澤裕司  

鍵コメさん(お名前が「よ」で始まる方)へ

コメントありがとうございます。

イチローの犬生が素晴らしいものだったのかどうかは、
聞いてみないとわかりませんが、飼い主から見ると、
素晴らしい犬生だったように思えます。
これだけ多くの人に慕われているんですから、
幸せでないはずではありません。

高齢犬は本当に調子の変化が激しいです。
あれよあれよという間に変わっていきましたから。
最初は虹の橋を渡っても何が何だかわからない
感じでしたが、時間が経つにつれて
もうそばにいないことをイヤというほど感じ、
悲しくなってきます。

幸いイチローは、健康面ではほとんど手がかからない、
健康優良犬でした。
大変だったのは、この数か月間だけ。
飼い主思いのやさしいワンコだっただけに、
悲しさが必要以上に増幅されます。

だからといって、いつまでも悲しんでいられませんので、
これからはイチローと暮らした日々を忘れることなく
前を向いて生きて行くことにします。

お悔やみの言葉、ありがとうございました。

2020/04/02 (Thu) 00:49 | EDIT | REPLY |   

自遊自足  

そうですね。ある意味天寿を全うしたんですよね~ 思い出はしっかりと納めて前に向いてっていう事ですかね。それを天国からのんびりへそ天しながらみているかも

2020/04/02 (Thu) 04:36 | EDIT | REPLY |   

飼い主の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

17歳ですからやはり天寿だと思います。
あまり苦しむことなく逝った
様子なのが、飼い主としては救いでした。
へそ天で下界を見ていたら、さすがに
リラックスしすぎですね。
やりかねませんが……。

2020/04/02 (Thu) 12:58 | EDIT | REPLY |   

とんまま  

ブログが久しぶりになり遊びに来たら
イチローくんのご報告だなんて(T_T)
同じ年で、とんより全然元気にへそ天を披露してくれていただけに信じられないです。
いつも側に居るのが当たり前の存在のお出かけは
辛いです。
きっと今はまたいつものへそ天で
ゴロゴロしてるかな…
またイチローくんにたまにでも会わせてくださいね。
イチローくん、インパクト有りすぎで
絶対にわすれないよ。

2020/04/02 (Thu) 18:31 | EDIT | REPLY |   

飼い主の大澤裕司  

とんまま さんへ

コメントありがとおうございます。

1月末以降に大幅なの体調悪化があり
数か月はやや大変でしたが、逝くときは
あまり苦しむことなく逝った感じがします。
17年生きてきて、健康面ではほとんど
手がかからなかっただけに、お別れは
やはり意外でしかなく、受け入れたくないのが
本心ではあります。
同い年のとんちゃんには、イチローの分も
生きていただきたいと切に願っております。

いまごろ、へそ天でゴロゴロしながら
くつろいでいるのかな……。
お友達と楽しく元気に暮らしてくれれば、
飼い主としては言うことありません。
イチローのことを「忘れない」と言っていただき、
厚く御礼申し上げます。

2020/04/03 (Fri) 03:53 | EDIT | REPLY |   

ふたごパンダ  

こんにちは☆

拍手コメントに今日気づきました。
コメントが遅くなり申し訳ありません。
イチローくんが天国へ旅立ってしまったのですね。
ずっと陰ながら見守らせていただいた身としては
本当に悲しいです。
私も3年前にナナちゃんをなくしているので
yujiさんの悲しいお気持ちよくわかります。
寿命だとは思っていても、長い間一緒に過ごしたわが子が
いなくなる日常は簡単に受け入れることができないですよね。
私はいまだにナナちゃんの動画を見ることができないです。
写真は大丈夫なのですが(笑)。
いつも会いたくて仕方がないのですが
何十年後かに私も旅立つ時が来たら
ナナちゃんに会えるのだなと思って
生きている今を大切に生きようと思っています。

今は悲しみがすぐに癒えることはないかもしれませんが
イチローくんはyujiさんと出逢えて
幸せな一生を過ごすことができたと思います。
これからも宝物の想い出とともに過ごしてくださいね。
天国でナナちゃんとイチローくんが
仲良く遊んでいてほしいなと思っています。
イチローくんのかわいいヘソ天忘れません。
イチローくんが大好きでした(´▽`*)

2020/04/04 (Sat) 14:10 | EDIT | REPLY |   

飼い主の大澤裕司  

ふたごパンダさんへ

コメントありがとうございます。


このたびはイチローのことでお悔やみの
言葉をいただき、ありがとうございます。
遅くなりましたが、生前はイチローことを
いつも見守っていただき、感謝いたします。
悲しんでいただき、イチローは
本当に幸せ者です。
きっといい供養になります。

ナナちゃんと会えているといいのですが、
会えたらきっと、いいお友達になっているでしょう。
一緒にへそ天しながら、下界を
見下ろしているかもしれませんね。

2020/04/04 (Sat) 16:27 | EDIT | REPLY |   

あーさん  

イチローくんの訃報に驚きました。
17年半を共にした 飼い主様の心情を思うと心が痛みます。
しかし イチローくん大往生でしたね。
15歳というのは たまに聞きますが、17歳半は本当に長寿だと思います。
それだけイチローくんが ストレス少なく幸せだった証でしょう。
ヘソ天する姿のなんとかわいいこと。
「泣いてあげるのも供養」と聞いた事があります。
悲しいのに無理やり気を張ってしまうと 後から参ってしまう事もあるようです。
大澤さまも どうぞ心身を休めて下さいませ。

イチローくんは 虹の国でも幸せに違いないのですが、私も遠くからご冥福をお祈りさせて頂きます。

2020/04/05 (Sun) 07:55 | EDIT | REPLY |   

飼い主の大澤裕司  

あーさん さんへ

コメントありがとうございます。

遅くなりましたが、イチローのことを
生前は気にかけていただき、感謝申し上げます。
お悔やみの言葉はいい供養になります。

はじめて飼うワンコでしたので、
あんなに豪快なへそ天をかますと、
「犬ってこんなにリラックスするものなの?」
とよく思ったものです。
歳をとるにつれ、だんだんへそ天を
しなくなりましたが(たぶん寝返りがつらいのかも)、
豪快なへそ天姿にはいつも和ませてもらいました。

健康面ではとくに手がかからず、17歳すぎまで
長生きしてくれたことには本当に感謝しかありません。
さすがにもう、虹の国にいると思いますが、これからは
下界を見下ろしながら第2の犬生を送ってほしいものです。

2020/04/05 (Sun) 14:43 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/04/06 (Mon) 14:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment