FC2ブログ

『ITmedia ビジネスオンライン』に記事が掲載されています

このたびは、わが家のお犬様イチローにお悔やみの言葉をいただき、ありがとうございます。
飼い主として、心から御礼申し上げます。
 
イチローが空の国に旅立ってしまい10日あまり経ちました。
体調を崩してから時間を見つけお詣りしてきました市谷亀岡八幡宮へも、一昨日、これまでの御礼かたがた、お詣りしてきました。
先週から何かと慌ただしかったり、仕事がやや手につかなかったりしましたが、御礼のお詣りを済ませたことでひと区切りつけ、元通りの生活に戻ることにします。
イチローの姿は見えませんが、気配は正直、感じることがありますので、よろしくやっていきますね。

さて本題。
すっかり忘れていたことなのですが、告知します。
 
アイティメディアが運営するウェブメディア『ITmediaビジネスオンライン』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
記事は連載「あの会社のこの商品」で、今回はpopInの『popIn Aladdin』を紹介。
誕生の経緯、クラウドファンディングでのチャレンジ、生産体制の整備とキーパーツの調達、などについて紹介しています。
 
『popIn Aladdin』はプロジェクターとスピーカーを内蔵した世界初のシーリングライト。
室内を明るくするだけでなく部屋の壁にテレビや動画配信サービスのほか、時計や風景写真、子ども用の学習コンテンツなど様々なコンテンツを映し出すことができます。
 
 
IoT技術を使っているので最新のテクノロジーっぽいですが、基本的にはすでにあるものを組み合わせてつくったユニークなものになります。
開発したのは電機メーカーではなく、広告関係のIT系企業です。
 
メーカーではないIT系企業が開発したのは、開発を担当した社長の気づき。
IoTm技術を使ったスマートスピーカーの登場と、自身の子どもが家の中に五十音表などを張って勉強している姿から、家の中で様々なコンテンツを見せることができれば、「子どもの世界観づくりを支援できるのでは?」と考えたことがきっかけです。
早速、家庭用プロジェクターを買いテストしてみたところ、設置場所や電源供給で課題を発見。
解決策がなかなか見つからず停滞しますが、ふと天井の照明を見たときに、照明器具を設置する引掛シーリングが利用できることに気づきます。
なお、引掛シーリングは日本独自のもので、5kg程度までなら取り付け可能。
プロジェクター以外にもいろんなものが搭載できることで、一気に可能性が広がりました。
 
引掛シーリングにプロジェクターを設置する形で詩作を重ね、家族の評判がよくなったところで、親会社に事業として提案。
提案が通ったことで事業として取り組むことになりました。
 
こうして本格的に事業化することになり、設計と詩作を外部に委託することに。
だが完成した試作品の出来が予想をはるかに下回るものに、ひどく落胆します。
大急ぎで仕様と設計を見直すことになりました。
 
そんなことを経てひとまず完成した『popIn Aladdin』は2017年に、国内最大のエレクトロニクス関連の見本市『CEATEC Japan』に出展。
来場者からの評判は高かったのですが、売れるかどうは別問題だったことから、クラウドファンディングにチャレンジすることにします。
クラウドファンディンにチャレンジするといっても、普通なら1回で終わるところ、『popIn Aladdin』は2回チャレンジ。
2回ともチャレンジに成功しますが、そもそもなぜ2回チャレンジしたのかは……記事をご参照ください。
 
その後は、予約を受け付けることに。
予約してくれた人やクラウドファンディングで支援してくれた支援者にも早く届けるべく、生産体制の整備を急ピッチで進めます。
 
生産は最終組立と検査は他社にお願いすることに。
プロジェクターやシーリングライトの生産経験がなかったので、当初は完成までに時間がかかる見込みでしたが、予約者やクラウドファンディングの支援者を待たせるわけにはいかないのでプロジェクターやシーリングライトといったキーパーツはpopInで調達し支給することになりました。
 
2018年11月に一般販売を開始。
商品を知ってもらうため、まずテレビCM以外の広告を展開。
その後、広告効果の高かったSNS に予算を重点配分することにし、エリア限定でテレビCMも流し始めることにしました。
モデルチェンジも将来的には検討しているとのことです。
 
すでにご愛用中の方はもちろんのこと、シーリングライトの買い替えを検討されてる方、テレビの買い替えを検討されている方、1日中壁に何かしらの動画や静止画を投影したい方、動画コンテンツをテレビ以上の大画面で安価に楽しみたい方など、ご興味のある方はぜひ、サイトにアクセスしてください。
 

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『高すぎ? 安すぎ!? モノのねだん事典』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
関連記事

6 Comments

自遊自足  

引掛けシーリングを使うってアイデアがすごいですね~ 灯りの為だけを言う考え方しか私にはありませんでした。頭が固いな~と・・・・

2020/04/09 (Thu) 04:26 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

引掛シーリングはなかなか気づかないですよね。
ここに気づいた時点で、半分は
完成したといってもいいかもしれません。
頭の柔らかさには驚きます。

2020/04/09 (Thu) 11:56 | EDIT | REPLY |   

hippopon  

すごい時代になりましたね。
映画の中見たい。近未来でなく現実なんですね。

夢を見てるみたいです。

2020/04/09 (Thu) 19:53 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

部屋の壁がテレビになるのですから、
まさしく近未来の光景ですよね。
冗談抜きで「欲しい」と思いましたよ。

2020/04/10 (Fri) 00:56 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/04/12 (Sun) 23:12 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

鍵コメさん(お名前が「粒」で始まる方)へ

コメントありがとうございます。

ちょっと前までは未来のことと考え
られていたことが、少しずつ現実のものに
なろうとしています。
最新のテクノロジーが可能にした面も
もありますが、どれだけ柔軟に発想できるかに
かかっているんでしょうね。

また、イチローのことに関しお悔やみの
言葉をいただき恐縮です。
自分も含め家族は、イチローがいなくなって
寂しく感じています。
両親は高齢ですので、何かを飼うことは
もうありません。
そのことで余計に、寂しさが募らなければ
いいなとは思っていますが、そのことで
心身に変な不調が現れなければいいな、
と思っていますので、家族全員で
気をつけることにします。

2020/04/13 (Mon) 01:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment