FC2ブログ

『@DIME』に記事が掲載されています

小学館のウェブサイト『@DIME(アットダイム)』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
記事は連載「ヒット商品開発秘話」で、今回は大正製薬の『リアップ』シリーズを紹介。
誕生の経緯、誕生までのあゆみ、発売後のラインアップ展開、最新商品の特徴などについて紹介しています。
 
『リアップ』シリーズはまず、1999年6月に日本初の発毛剤『リアップ』が発売されます。
1985年に、『リアップ』シリーズに使われている有効成分「ミノキシジル」の使用について、米国アップジョンシ(現、ファイザー)社と日本での使用に関する契約を結ぶことができたことから開発が始まります。
 
『リアップ』シリーズはドラッグストアや薬局で購入できる大衆薬ですが、実は日本で初めて医療用医薬品を経ずいきなり大衆薬として開発しました(ダイレクトOTC)。
その背景にあったのは、薄毛の悩みは医者に相談するのも恥ずかしく一人で抱え込んでしまう傾向があったため。
だから、ドラッグストアや薬局で買える育毛剤のように、大衆薬として買える発毛剤をつくることにしました。
 
開発に当たっては600人の協力を得て臨床試験を実施。
効能・効果を確認したほか、安全性に問題ないかどうかを検証し、問題がないことが確認できたことから、1992年に当時の厚生省(現、厚生労働省)と中央薬事審議会に製造承認を申請します。
普通なら1〜2年程度で承認を得ることができるところ、『リアップ』が承認を得たのは7年後の1999年。
前例がないだけに、審査が慎重になりました。
 
誕生するまでに長い時間を要した『リアップ』ですが、発売するなり凄まじい勢いで売れていきます。
 
その後、2005年から順次新商品を追加し、ラインアップを拡充します。
中でも2009年に発売された『リアップX5』は有効成分「ミノキシジル」の濃度をそれまでの1%から5%にアップ。
計量も容器を大幅に見直したことでより簡単になりました。
そしてこの4月に発売された『リアップX5プラスネオ』は「ミノキシジル」の濃度が5%のほか、頭皮環境を整える成分や発毛をサポートする成分をプラスしています。
 
すでにご愛用中の方はもちろんのこと、薄毛でお悩みの方、薄毛が気になる方、薄毛になりたくないので前もってケアしたい方、周囲の薄毛の人にこの商品を薦めたい方など、ご興味のある方はサイトにアクセスしてください。
 

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『高すぎ? 安すぎ!? モノのねだん事典』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
関連記事

6 Comments

自遊自足  

今からでも・・・・・ と相方に言ったら「手遅れ」の一言が・・・

2020/04/23 (Thu) 06:35 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

いつから使っても「手遅れ」ということは
ないと思いますが、大蔵大臣が手強いですね。
大蔵大臣の許可を得るのは髪の毛を
増やすより大変だったり……。

2020/04/23 (Thu) 16:57 | EDIT | REPLY |   

hippopon  

再びお海苔を食べる生活をしたら ちょっと しっとりで紙質が戻ってきてる感じもします。
リアップしたラ伸びるのが早くなるかも?

2020/04/24 (Fri) 13:49 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

リアップには女性用もありますが、
有効成分「ミノキシジル」の濃度が1%。
半年間にわたり、1日2回、
1回につき1ミリリットルを
頭皮に塗布することを推奨しています。
気長にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
半年後にはきっと……になっている
かもしれませんよ。

2020/04/24 (Fri) 22:05 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/04/25 (Sat) 09:19 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

鍵コメさん(お名前が「探」で始まる方)へ

コメントありがとうございます。


お気遣いいただき恐縮です。
また遊びに来て下さい。

2020/04/25 (Sat) 21:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment