FC2ブログ

『ITmedia ビジネスオンライン』に記事が掲載されています

アイティメディアが運営するウェブメディア『ITmediaビジネスオンライン』に、私が取材・執筆を担当した記事が掲載されています。
 
記事は連載「あの会社のこの商品」で、今回はブレイズの『ブレイズスマートEV』を紹介。
誕生の背景、開発の経緯、開発でこだわったこと、EV事業の進展、などについて紹介しています。
 
『ブレイズスマートEV』は自転車や原チャリのようにチョイ乗りに適した小型の電動スクーター。
搭載しているリチウムイオン電池を家庭用電源で充電できるほか、折りたたんで車の荷室に積み込むことができます。
 
ブレイズは長年、自動車ディーラーをしている会社ですが、『ブレイズスマートEV』を開発した背景は、これからはEV(電気自動車)が台頭するという将来予測。
これはおそらく、誰しも「そうなるだろう」と思っているところかもしれませんが、ブレイズにとっては、この将来予測に加えて、同社からキャンピングカーを購入したユーザーから『車に積み込めるスクーターがほしい』という声がよく聞かれたことがありました。
 
開発でこだわったことの1つがデザイン。
新しいEVモビリティー社会をつくることも目指したこともあり、新しい時代にふさわしいデザインを志向しました。
 
折りたたむ方法は多いわけではないので、まずは折りたたみ方を決定。
そこからデザインをおこします。
決定したデザインは、既存のスクーターとはかなり異なるもの。
一見すると華奢ですが、乗車定員1名で最大積載量は120キログラムにものぼるほど。
小兵なら力士が乗ってもたぶん大丈夫です。
 
ナンバーを取得すれば公道走行も可能。
ライトやウインカーといった保安用品の装備はもちろんですが、安全性にも配慮。
各種試験を念入りに実施し、徹底的に検証しました。
 
2018年3月に出荷を開始。
話題性もあってか、自動車ディーラーやバイクショップのほか、家電量販店など異業種でも取り扱いが始まります。
 
同社にとって『ブレイズスマートEV』は初のEVですが、新たなEVモビリティー社会をつくるにはこれ1台だけでは不足。
その後、オリジナルのEVを次々開発し、販売を開始しています。
 
すでにご愛用中の方はもちろんのこと、電動スクーターをお探しの方、キャンピングカーでの旅の途中に立ち寄り先を軽く移動するために車に積み込める乗り物をお探しの方など、とにかくご興味のある方はぜひ、サイトにアクセスしてください。
 

※重要なお知らせ
当ブログをご覧になっているマスコミ関係者(とくに出版関係者やウェブメディアの関係者)の皆さま、仕事の依頼をお待ちしております。
まずは何なりとご相談下さい。
これまでの主な実績は、当ブログの[記事掲載の告知]というカテゴリーをご参照いただければと思います。
 
最新刊『高すぎ? 安すぎ!? モノのねだん事典』発売中。その他著作も合わせてどうぞ。

↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
関連記事

4 Comments

hippopon  

今後売れそうですよね。
コロナ明けが楽しみですね。

2020/05/25 (Mon) 04:16 | EDIT | REPLY |   

自遊自足  

キャンピングカーに自転車積んで走ってる人にはいいかもしれませんね~ 公道走ってどこかへ止めてると持ち去られそうな気が・・・・。おしゃれですよね

2020/05/25 (Mon) 06:25 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

hippoponさんへ

コメントありがとうございます。

コンパクトカーの荷室でも
積むことができるので、
何かと便利だと思いますよ。
チョイ乗りにはもってこいですね。

2020/05/25 (Mon) 22:25 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

自遊自足さんへ

コメントありがとうございます。

キャンピングカーで移動しながら旅している
ような人は、1台積んでいると便利かもしれませんね。
車使うほどじゃないけど、自転車だと
非力なシーンで使うにいいと思います。
折りたためるところがいいですね。

2020/05/25 (Mon) 22:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment