FC2ブログ

Androidを搭載したニコンのコンデジ

ニコンが昨日、Android2.3を搭載したコンデジ「COOLPIX S800c」を9月下旬に発売すると発表しました(詳しくココをクリック)。
 
デジカメにもAndroidですか。
Android搭載デジカメは、国内ではどうやら、これが初めてのようですが、海外ではすでに発売されているとのことで、ちょっと驚きました。
スマートフォンやタブレット端末だけではなく、思っていた以上にAndroidは用途開発が進んでいるようです。
 
Wi-Fiなどでネットに接続できるので、撮った画像をSNSやツイッター、ブログにアップすることもでき、動画をYouTubeにアップすることも可能。
さらに、Google Playにも対応し、アプリの追加にも対応するといいます。
ここまでくると、デジカメというよりAndroid端末と言った方が近いかもしれません。
 
ただ、Androidのアップデートには対応しない見通しの模様。
カメラの性能や使い勝手もさることながら、OSのアップデートに対応しないことの評価が売れ行きを左右するかもしれません。
 
それに、ニコンはどういうユーザーに向けてこのコンデジを開発したのかが、いまいちわかりません。
ターゲットを明確に打ち出した方がいいような気がします。
 
あと、気になったのがバッテリー容量。
搭載されているバッテリーは1050mAhとのことですが、これってちょっと貧弱では?
Androidを搭載し、いままでのデジカメより多機能になるはずですから、バッテリーの消費が早いはず。
なのに、バッテリー容量が最新のスマートフォンよりもかなり少ない(たとえば、auAQUOS PHONE SERIE1800mAh)。
これではちょっと心もとなく、ヒヤヒヤしながら使うことになりそうです。
USB充電に対応するそうですが、せめて最新のスマートフォン並みのバッテリーを搭載した方がよかったのではないでしょうか?
 
バッテリー容量はちょっと残念ですが、個人的には面白そうなデジカメだと思っています。
お金に余裕があれば持っておきたい一台です。
 
 
関連記事

0 Comments

Leave a comment