FC2ブログ

『DIME』が伝えた2014年のヒット商品

前回の当ブログでは、『日経トレンディ』が伝えた2014年のヒット商品について紹介しましたが、今回はこの続きで、似たような時期に『DIME』が発表した2014年のヒット商品について紹介します。
 
DIME』では2015年1月号で、「DIMEトレンド大賞」を発表しています。
DIMEトレンド大賞」は『日経トレンディ』の「ヒット商品ベスト30」と違いランキング形式ではなく、大賞と各部門の入賞を発表する形式です。
選考方法は読者投票。
読者がその年のトレンドを代表する新商品/サービス、活躍した人物、話題のビジネスプロジェクト/ビジネスパーソンを、自由に記述する形になります。
なので、入賞するのは商品/サービスだけではありません(昨年の大賞は2020年の「東京オリンピック/パラリンピック」の招致)。
 
ここでは、大賞と各部門の入賞を発表します。
結果は次の通りです。
 
【大賞】
☆妖怪ウォッチ
《家電・IT部門》
★ヘルシオお茶プレッソ
★ハイレゾ
Windowsタブレット
《ライフスタイル部門》
BMW i3
Pepper
★Jコンセプト
《レジャー・エンターテインメント部門》
★妖怪ウォッチ
★アナと雪の女王
★ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター
《特別賞》
STAND BY ME ドラえもん
《話題の人物賞》
★大島優子
★どぶろっく
@DIME賞》
iPhone66 Plus
Suits賞》
★コレド室町
 
以上です。
 
似たようなものとはいえ、選考や発表の形式が異なるので、「ヒット商品ベスト30」と比べると結果はかなり異なるのがわかります。
なお、『@DIME』は『DIME』の公式サイト、『Suits』は『DIME』の増刊で、働く女子向けの雑誌になります(『Suits』の紹介はココをクリック)。
 
結果が微妙に異なるだけでなく、まだ発売になっていないものも入賞するのが「DIMEトレンド大賞」の特徴。
トレンド大賞と銘打つだけに、発売していないものでも話題性が高ければ入賞する傾向にあるようです。
今回は、Pepperがまさにそれ。
ソフトバンクから6月に葉発表したパーソナルロボットですが、発売は来年2月の予定です。
 
結果そのものに関しては、《家電・IT部門》と《レジャー・エンターテインメント部門》は妥当な気がしていますが、《ライフスタイル部門》は何とも言えません。
Jコンセプトは知りませんでしたし、BMW i3Pepperは現物をよく目にする状況ではないからです。
ただ、BMW i3が入賞するということは、クルマ好きには注目の一台なのでしょう。
普段クルマに乗らない、運転しない自分だから、ピンと来なかっただけかもしれません。
 
なお、Jコンセプト、BMW i3Pepperに加え、ハイレゾ、Windowsタブレットは「ヒット商品ベスト30」に入っていません。
結構違いが明確ですね。
読者投票で決めるだけに、読者層の違いも結果に反映されているのかもしれません。
 
今回の結果を見て、皆さんはどんな印象を持ちましたか?
何か思うところがありましたら、お聞かせください。
 
DIME (ダイム) 2015年 01月号 [雑誌] DIME (ダイム) 2015年 01月号 [雑誌]
(2014/11/15)
不明

商品詳細を見る
 
 
 
↓ランキング参加中。お願い、最後に2つポチッと!(できれば拍手も……)
にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
 
 
関連記事

2 Comments

自遊自足  

No title

こういったものを見て私は一年間の復習をしますね~
違いました!復習ではなくこの1年間の勉強ですかね。
情報収集を・・・・
遅れてるな~

2014/11/25 (Tue) 06:33 | EDIT | REPLY |   

管理人の大澤裕司  

コメントありがとうございます

自遊自足さん

私も同じく勉強ですよ。
名前を知っていたとしても、ほとんどの場合が「聞いたことがある」程度ですから。

2014/11/25 (Tue) 14:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment